日々崖っぷち

FFやってたけどやめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

失敗に備えて

先日テレビを見ていたら誰かは失念しましたが「人間はミスを犯す。だからミスを犯した後の対応が大切だ」(意訳)みたいなことを言ってました。至極当たり前ですね個人のことなら
けどここでは政党がどうたらこうたらって話で使われてました。今話題のホリエモンのメールの件ですね。あれは結局は永田議員のはやとちりがきっかけで始まったことだと思ってます。手柄が欲しかったんでしょうね(そりゃ誰だって簡単に手に入るなら欲しいけど)

さて、これもつまりは人間はミスを犯すってやつですね。ミスが起こったからその後が大切ですってのがテレビで言われてた訳ですけど……確かに起こってしまった今となってはそうかも知れませんがそれよりもこんなことが起こらない体制の方が大切じゃないでしょうか?

個人ではミスを犯してしまいそうになっても気付かない場合は多いです。そしてミスの代償は自分に帰ってきます。しかし今回のような政党とかの集団の場合自分のミスは全体のミスです。今回の事件で民主党はイメージダウンは免れないでしょう。それに今回の事件は防ぐことができた事件です。こちらの記事によれば今回のネタは信頼していた元記者のタレコミらしいのですがたったそれだけの理由で国会質問までしてしまっています。記事のなかで野田氏は「仲介者との信頼性の上に真実性を強く感じていた。もう少し私どもが検証すればよかった」とか言ってます。私に言わせればいくら信頼してたってこの内容ならしっかりと検証すべきと感じます。もし間違いがあったら冤罪ですよね。訴えられても文句は言えないですよ。

つまり今回は民主党にミスを未然に防ぐ力が足りなかったってことをもっと言うべきだと思うのですが何故か叩かれるのは個人ばっかり……うーん不思議だ。

ま、とにかく集団では個人のミスを未然に防ぐシステムのほうがずっと大切だと思います。それでもミスは起こるでしょう。そのときに対応が大切なのだと思います。なんでテレビで一般論を語ってたどっかの人は間違っちゃいないけど大切な部分を抜かしてましたね。これもミスを未然に防ぐシステムが不十分だったんですかね?
スポンサーサイト
[ 2006/03/01 01:43 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。