日々崖っぷち

FFやってたけどやめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飲み会

今日は所属する柔道部の飲み会に行ってきました。卒業する(できるといいね)ということもあって後輩にシコタマ飲まされました。私は自分で言うのもなんですがお酒は強いほうなのでなんとか終電で帰ってこれました。そこでちょっと気になったのでお酒の強さってどうやって決まるのか調べて見ました。大体は知っていたのですが調べてみると意外なことがわかりました。
まずはじめから知っていたことですがアルコールに強いかどうかを決めるのはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性が強いかどうかというのが重要になってきます。日本人の場合は約50%が活性が弱かったりまったく働いてなかったりします。いわゆる下戸ですね。この酵素は遺伝によって決定するため生まれたときから活性の強さは決まったいます。そのためお酒を飲めない人はどんなに頑張っても飲めないので無理飲酒を勧めていけません。

まぁここまでは調べる前から分かっていたことなんですがこの先が知らなかった。なんと練習すればある程度お酒ってのは飲めるようになるようなのです。

今まではお酒の飲み方がある程度分かってくるから酔いつぶれることがなくなるのだと思っていましたが実はそれ以外の理由としてミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)という酵素の働きが関係しているようなのです。この酵素はALDHで分解しきない量のアルコールを摂取した場合に代謝を助けるようです。またこの酵素はアルコールの摂取を繰り返すと量が増えるため結果として多少は飲めるようになるようです。

しかしここで注意しなくてはいけないのはMEOSによる分解はあくまで補助的なものでありしかも分解の副産物として肝臓に悪影響を与える物質が生成されるようです。なのでお酒を飲めるようになろうと思って訓練するのも程々にして下さい。おまけにせっかくMEOSが増えてもしばらくアルコールを摂取しないとすぐ量が減ってしまいます。つまりアルコールを摂取し続けなくてはいけないということです。言うまでもなく体に悪いです。実践はオススメしません。

最後に飲み会を通しての感想ですが、体育会系の飲み会ですのでやっぱり強引に飲ませようっていう風習はいまだにあります。上記したようのことを知っていた私としては非常に馬鹿だなぁと思っております。飲み会の雰囲気は好きですが飲んだり飲まされたりするのはあんまり好きになれません。無理やり飲ませる奴はこういうこと知ってるんですかね?実際に死んだり長期的にみて体に悪いとかちゃんと考えて欲しいものです。お酒は楽しくは当然ですがその辺も考えろと強く思いました。

とりあえず今日は無理やり飲ませようとしてた奴は私が逆に飲まして潰しておきました。(当然私も同量飲みました)これで懲りてくれればいいんですがねぇ・・・

参考としてこちらのHPを読ませて頂きました。
スポンサーサイト
[ 2006/02/19 03:11 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。